クレジットカード現金化業者の中でトリプルクラウンを達成したらくらくマネーの魅力

今、クレジットカード現金化業者の中でも特に人気になっているのがらくらくマネーです。

マーケティング会社の調査によると、直近で利用者数、取り扱い額、顧客満足度がクレジット現金化業者の中でNo.1との結果が出ました。

いったいほかのクレジットカード現金化業者よりも何が優れているのか、どうして利用者から支持されているのかを見ていきたいと思います。

らくらくマネーが選ばれる理由①

換金率が優れている

らくらくマネーがほかのクレジットカード現金化業者よりも選ばれている理由の1つは、換金率の高さです。

一般的にクレジットカード現金化業者の換金率は70%程度は普通で、80%を超えるとかなり高いといわれています。

ところがらくらくマネーの場合は最大で98%、最低でも91%と破格の換金率になっています。

それだけ余計な手数料を取らないという誠実な対応こそがらくらくマネーの圧倒的人気を支えているのです。

らくらくマネーが選ばれる理由②

最短3分で現金化してくれる圧倒的スピード

たとえ換金率が素晴らしかったとしても、現金化して現金を手に入れるまでに時間がかかっていては頼りになるクレジットカード現金化業者とは言えません。

らくらくマネーは、この現金化までのスピードも圧倒的だと評判です。

どれくらいで現金化されるのかというと、最短で3分です。

現金が必要で急な出費に対応しなければならないとき、たった3分で現金を手に入れる方法はまずありません。

ところが、らくらくマネーは最短3分で現金化してくれて急な出費の時にも頼りになるのです。

利用者視点だからこそらくらくマネーは選ばれる

らくらくマネーが選ばれる理由は換金率の高さ、換金までのスピードが早いことだと説明してきました。

これにより、クレジットカード現金化業者の中でトリプルクラウンを達成しているのです。

ただ、らくらくマネーが選ばれる理由の根底にあるのは利用者視点で営業しているからです。

年中無休、審査不要、個人情報を厳守していて、さらにこれまでに事故は一切ありません。

利用者が安心して利用できるように、そして利用者の利益を考えているからこそ多くの方に支持されているということです。

現在、現金がすぐに必要でこの記事を見ている方もいると思います。

そして、どの現金化業者が良いか迷っている人もおられるはずです。

そんな方にこそらくらくマネーは安心しておススメすることができます。

クレジットカード現金化を業者を使わない方法はあるんでしょうか?

フリーターさんでも、主婦の方でも、例え無職でニートの人でも、クレジットカードのショピング枠が使ってお金が作れる方法があります。

それは”クレジットカード現金化”

クレジットカードの買物枠を利用して現金を調達する方法です。

時と場所を選ばずに、審査ナシで即日現金化が可能なこの方法は、現在では多くの利用者の方々に愛用されています。

このクレジットカード現金化には業者を使わず自分で行う方法と現金化業者に依頼する2つのやり方があります。

それぞれ、メリット・デメリットが混在しますが、この記事ではクレジットカード現金化を自分で行う方法に焦点を当ててご紹介していきます。

自分で現金化する方法①

先ずは高く買取してもらえそうな商品を自らリサーチし、目ぼしいモノが見つかったらカードで購入。

その商品をリサイクルショップまたは、オークションサイト、フリマアプリを利用して、欲しい人(買取店)に売却し、現金化します。

この方法はクレジットカード現金化を自分で行うイチバンオーソドックスな方法で、上手くいけば買値より高く買取してもらえるチャンスがあります。

もちろん、デメリットもありますが、時間に余裕のある人にはオススメな現金調達方法です。

自分で現金化する方法②

今や、クレジットカードで投資できたり、馬券も購入できます。

カードのショッピング枠を利用して株や、今話題のビットコイン、もしくは一か八かの競馬で勝負するなんて手もイイんじゃないでしょうか?

もちろん、こちらの方法にもリスクが存在します。

投資においては元金が保証されません。

また、ビットコインは価格変動が激しく、競馬に至っては運頼みの一面があり、どの方法にも損害が発生するリスクがあります。

もし、クレジットカードを利用して投資、またはギャンブルで勝負しようと考えている方は、くれぐれもその点だけは注意してくださいませ。

クレジットカード現金化を紹介した以上、それに伴うリスクも説明しておかないといけません。
責務であります。

クレジットカード現金化はいわば諸刃の剣。

切れ味は抜群ですが、使い方を間違えると大怪我をしてしまうことも…

そうならない為にも、クレジットカード現金化を自分で行った場合のデメリットと、そこに潜むリスクについても詳しく説明していきます。

クレジットカード現金化を自分で行った場合のデメリットとリスク

もし、バイヤーとして自分で商品を購入し、誰か(人or買取業者)に売ってお金を調達する場合、商品のリサーチから高く買取してくれる対象を自ら見つけなければいけません。

当然、それ相応の手間がかかります。

もしかしたら、自分の希望する値段で買取してもらえないことだってある訳です。

クレジットカードを利用して投資やギャンブル(競馬)で勝負するにしても、損してしまうリスクもあります。

自分で現金化を行うと言うことは、まさに個人商店と同じで、それ相応のリスクがあるワケです。

それ以外で最も怖いリスクはクレジットカードを使えなくなってしまうことです。

クレジットカード現金化は合法的な経済活動ではありますが、カード会社からは禁止されている行為にあたります。

もし、現金化している事がカード会社にバレてしまった大変です。
最悪、カード利用停止の制裁を受けてしまうことも…

バレるメカニズムとしては、換金性の高い紹介ばかりをカードで購入すると、当然カード会社に疑われてしまうワケです。

例えば新幹線のチケットや金券などを現金化する場合には注意が必要です。

今や、カードとスマホで簡単にお金が作れてしまう時代です。

しかし、世の中の全てのモノは表裏一体!メリットとデメリット双方が混在することは原理原則です。

つまり、どんな便利なサービスでも使い方によっては”善にも悪”にもなってしまうと言うことです。

クレジットカード現金化も同様、使い方によっては危険な武器になってしまいます。

もし、これからクレジットカード現金化を自分で行う場合には、その点はくれぐれも用心してかかってください。

◆詳しい内容をもっと見てみたい方は下記URLをご覧ください
https://no1credit.com/genkinka/tameninaru/jibunde/