IT業界の仕事をもっと知り高速化グローバルなスピーディーのある生活をする

コンピューターも日々進化しています。

Windowsが出た時には、ここまで発展するとは考えていなかったでしょう。

スマホにより、アプリが馴染み深いものとなり、ますますこうしたコンピューターが欠かせなくなりました。

これも、IT業界が頑張ってきたおかげに間違いありません。

また、就職を希望する人も年々増えています。

でも、実際にはどんな仕事をしたりするのでしょうか。

そもそもどうやって働き始めることができる?

そもそも今働いている人たちは、どうやって働き始めたかというと、大半は普通の就職活動をしてからです。

大学生や高校生ならば新卒ということで、それほどコンピューターの知識がなくても実は採用されています。

面接の基準をみたしていることで、採用されています。

確かに専門学校があってそこでも、プログラミングを学べるようになりました。

しかし、新卒ということでそのスキルだけで、選ぶことはありません。

また、入社してからプログラミング勉強はしますから、出来なくても募集に応募しても大丈夫なのです。

新卒の場合には、スキルは気にしないでいいのです。

なお、中途採用だと、その会社にあった開発技術やスキルがないと、なかなか働くことはできません。

まずは、プラグラマーとして仕事をスタート!

コンピューターの仕事といっても、いろいろとあります。

まずは、プラグラマーです。

これは最初になるものです。

仕事としては、システムエンジニアと呼ばれる職種の人たちから、こうした画面をつくってくれと指示をされます。

仕様書と呼ばれる書類にて指示をされるのが基本的です。

それを見ながら、プログラミングをしていくこととなります。

なお、何歳までこれをするかという決まりはありません。

会社の正社員として働いた時には、20代中盤まではプラグラマーをして、後半からシステムエンジニアとなるケースが多いです。

派遣社員だと、年齢に関係なく、50代でもプラグラマーの仕事をすることも珍しくありません。

そのときには、年下の社員から指示を受けることにもなります。

仕事の中心と言えば、システムエンジニア

プラグラマーを経てなるのが、システムエンジニアです。

このシステムエンジニアは、お客さんの要望を聞いて、それをどうやってシステムやアプリにするのかを考える人です。

いわゆる画面やシステムやアプリの動作や仕様を考えるというわけです。

お客さんと打ち合わせもするので、これまでのプラグラマーで社内だけの作業から外に出る機会も増えます。

また、今度はプラグラマーのように指示を受ける立場から指示をする立場へと変わります。

また設計書や仕様書という書類を書く立場へと変わります。

あと、システムが稼働したら保守をすることも多いです。

保守とは、お客さんの問い合わせを受けたり、クレームを受けたり、使い方を教える作業です。

システムエンジニアになると、プラグラマーと違って、一人で何役もこなさないといけなくなるのです。

プロジェクトマネージャーや管理者の仕事とは

システムエンジニアで何年も過ごしていき、年齢も上がっていくと係長などの役職についたり、プロジェクトマネージャーや管理者となります。

これらは、プラグラマーやシステムエンジニアを管理することとなります。

人員が何人いるかの計画をしたり、プロジェクトの進行を管理したり、進捗をお客さんに報告したりなどします。

プロジェクトの期間ややる内容も決めるなど、プロジェクト全体を決める仕事となり、かなり責任の重い仕事となります。

大抵は30代中盤から40代にかけて、なることが多いです。

通常は正社員がなるもので、極まれに他からプロジェクトマネージャーを募集したり、引っこ抜いてくることもあります。

やはり、段階を経てなるものと考えておいてください。

その他にもいろいろなお仕事があるので覚えておこう

これらの他としては、営業があります。

これは、システムの売り込みとなります。

システムについてプレゼンテーションをします。

また、発注を受ければ見積もりをたてたり、パソコンや機器の見積りをもします。

あとはアフターフォローや接待等もあります。

システムの保守として、お客さんの問い合わせ専用のお仕事もあります。

お客様センターやヘルプデスクとも言われています。

さらにコールセンターとして働くケースもあります。

いずれにしてもシステムやアプリについて、知識をもって操作など説明することとなります。

この他にもパソコンを教える教育や先生の仕事もあります。

あと、ネットワークエンジニアや機器のメンテナンスをする技術者もあります。

IT業界と一口にいっても、その内容はさまざです。

どれもその需要が高まっていて人手不足です。

是非、チャンスは多いので働くことを検討してみるといいでしょう。

便利で絶対欲しくなる最新グッズ
マッチングアプリで引き寄せる恋活をしてみませんか?
あなたの出会いをネットでお手伝いします!
英会話オンラインサービス選びのポイント